設計課長Sのつぶやき

  1. HOME
  2. 設計課長Sのつぶやき
  3. 人物別: 渋沢栄一

夢なき者は理想なし・・・

夢なき者は理想なし
理想なき者は信念なし
信念なき者は計画なし
計画なき者は実行なし
実行なき者は成果なし
成果なき者は幸福なし
ゆえに幸福を求むる者は
夢なかるべからず。

-渋沢栄一(実業家)-

先日、新紙幣のデザイン発表が報じられ、
一躍“時の人”となった渋沢栄一氏の、数ある名言の中でも特に私には響いた言葉です。

風が吹けば桶屋が儲かる的に「夢を持つこと」の大切さを謳ったこの言葉。
でも風が吹けば…の様に遠回りはせずに、どちらかというと
現実的な目の前の階段を、一歩一歩確実に登る。そんな感覚の方が近いのかなと感じます。

誰しも幸せを欲します。
大なり小なり、個人差や価値観で形の違いはあれど、誰でも幸せな方がいいに決まってます。
幸せを求めることは悪くない。
ただ、何もせず一方的に求めるのは違うという事ですね。
幸せになりたい。では、その為にあなたは具体的に何をしましたか?と。

と、ここまで書いていて、ふと頭の中に一つのヒット曲が思い出されました。
それは水前寺清子さんの「365歩のマーチ」です。
言わずと知れた昭和の大ヒット曲。チータの代表曲です。

冒頭の「♪幸せは~歩いてこない だぁ~から歩いて行くんだよぉ~♪」

昭和40年代…日本は高度成長期真っ只中。
「幸せは自ら掴みに行くんだ!」と当時の日本中の人たちに勇気を与えた、
非常に素晴らしいフレーズだという事は、わざわざ言うまでもありませんが、
意外と知られていない「二番の冒頭」の歌詞が、かなり深いと思うのでご紹介いたします。

「幸せのぉ~扉はせまい だぁ~からしゃがんで通るのねぇ~♪」

幸せを求めるのなら
腰を低くし、遠慮をする。
自分の都合で突き進むだけではなく、周りの人たちに気を遣うことも時には必要なのですよと。
私はそういう捉え方をしてしまいます。真意は調べていませんが笑

自分だけが幸せでいい?それって本当に幸せ?
周りの人たちも幸せでいて、初めて自分も「本当に幸せ」だと胸を張って言えるのかも知れませんね。

幸せを掴み続ける為に、これからも周りの人たちに遠慮しながら慎ましく生きていこうと思います笑

ここでつぶやく内容はあくまで“S”本人の主観であり、個人的な想い入れであり、非常に勝手な解釈による「つぶやき」です。
会社の運営や経営方針、経営者の見識などを反映するものではありません(笑)

人物別

ページの先頭へ