設計課長Sのつぶやき

  1. HOME
  2. 設計課長Sのつぶやき
  3. 人物別: 曽野綾子

全ての人生のことは・・・

すべての人生のことは「させられる」と思うから辛かったり惨めになるので、「してみよう」と思うと何でも道楽になる。

 -曽野綾子(作家)-

信長の『草履持ち』から始めた秀吉。

彼はその仕事を“惨め”などと思わず
せっかく『草履持ち』になったのだから
『いっそ日本一の草履持ちになってやろう!』
というふうに思ったのだと思う。

そして『草履持ち』として気付けること、工夫できること、そんなことを次々と考え実践していった。
だからこそ有名な『懐で温める』という本当か作り話か分からない伝説が残る。
調査しようもないですが、実際『日本一の草履持ち』だったんじゃないですかね。

結果としてそれだけ色んな『アイディア』や『気付き』ができる人材を
誰も『草履持ち』なんて仕事に従事させ続けるわけがないんですよね。

今与えられた仕事がどんな種類の仕事でも、
その仕事に対して“誰も敵わない”くらい、やり切ったりましょうよ!

ここでつぶやく内容はあくまで“S”本人の主観であり、個人的な想い入れであり、非常に勝手な解釈による「つぶやき」です。
会社の運営や経営方針、経営者の見識などを反映するものではありません(笑)

人物別

ページの先頭へ