設計課長Sのつぶやき

  1. HOME
  2. 設計課長Sのつぶやき
  3. 人物別: 坂井三郎

ピンチは無限にあるように思われても、有限である。

ピンチは無限にあるように思われても、有限である。

-坂井三郎(日本の海軍軍人 太平洋戦争におけるエースパイロット)-

底辺を知った人間は強い。
後は上がるだけだから。

…とは言え人生において、そうそう『底辺』なんて経験できるものじゃありませんよね。

でも『ピンチ』と言われる状況は、誰しも大なり小なり経験しているでしょう。

そしてそういったピンチが違う形で継続的に発生した時は
もうこのピンチは永遠に脱せないのではないか…
そんな恐怖に駆られた経験がある方も、決して少なくないと思います。

でも、次々訪れるピンチに対して『有限』だと思えれば、
また希望を持って次の行動を起こせる。

希望なき行動に成果はありません。未来はありません。

どんな時も『希望』を持って行動したいものですね。

ここでつぶやく内容はあくまで“S”本人の主観であり、個人的な想い入れであり、非常に勝手な解釈による「つぶやき」です。
会社の運営や経営方針、経営者の見識などを反映するものではありません(笑)

人物別

ページの先頭へ