設計課長Sのつぶやき

  1. HOME
  2. 設計課長Sのつぶやき
  3. 人物別: マーティン・ルーサー・キングJr

最初の一歩を踏み出しなさい。

最初の一歩を踏み出しなさい。階段全体を見る必要はない。
ただ、最初の一段を上がりなさい。

-マーティン・ルーサー・キングJr(アメリカの牧師)-

大きな目標「夢」を掲げることはとても尊い事。
それは人生においても仕事においても。

しかし「最終目標」しか目に入れていない人はいつまでもそこには辿り着けない。

サッカー日本代表の本田圭佑氏選手は小学生の卒業文集に
「世界一のサッカー選手になる」「セリエAに入団し10番で活躍する」
という将来の夢を書いている。そして27歳の時、セリエAの名門「ACミラン」で背番号10番を掴む。

私の想像だが、彼は小学生の頃から「世界一」や「セリエA」だけを見続けてサッカーをしていたわけではない。
「世界一」になるためにはその前に「日本一」にならないといけない。
「日本一」になるためには「日本最高峰のプロリーグ(Jリーグ)」に入団し、そこで活躍しないといけない。
「Jリーグ」に入団するためには高校選手権で活躍しないといけない。
高校選手権で活躍するためには・・・

と言うふうに、「最終目標」までの延長線上にある、今自分の目の前の叶えるべき「具体的な目標」を
ひとつひとつクリアしていったのだと思う。

途方もない先を見ながらも、その延長線上の目先にしっかり焦点を合わせていたからこそ
日本人がかつて誰も成しえなかった、いや想像さえもしなかった、とてつもなく大きな夢を掴むことが出来たのだと思う。

どんなに大きな目標も、小さな目標の積み重ね。
一朝一夕にはいきません。

昔の人は言いました。
『小さなことからコツコツとっ!』

いやいや…まだまだご健在ですよね(^_^;)

ここでつぶやく内容はあくまで“S”本人の主観であり、個人的な想い入れであり、非常に勝手な解釈による「つぶやき」です。
会社の運営や経営方針、経営者の見識などを反映するものではありません(笑)

人物別

ページの先頭へ