設計課長Sのつぶやき

  1. HOME
  2. 設計課長Sのつぶやき
  3. 人物別: マハトマ・ガンジー

一番強い者も弱り、一番賢い者も誤る・・・

一番強い者も弱り、一番賢い者も誤るということを、覚えておく事が健全である。

-マハトマ・ガンジー(宗教家)-

どんなに非現実主義な感覚の人でも、人間の不老不死など信じてはいないと思います。

なのに『自分が所属している会社』となると、何故か不老不死だと信じて疑わない方たちがいます。
それが大企業であればあるほど。

『まぁ自分が勤めている間は大丈夫』と何の根拠も無く信じてしまう。
人間が誕生するよりも遥か前から存在しているモノなら、今後も存在し続ける可能性は高いのかも知れませんが、
僅か100年前には存在しなかったモノを、何故『未来永劫存在する』と信じれるのだろうか?
北極の氷だっていずれ無くなると言われているのに・・・。

地球上で最も大きな組織の単位は『国家』です。
その『国家』でさえ、現在まで数々の誕生と滅亡を繰り返しているのだから
『一企業』の不変性・絶対性など、比較にすらならない筈なのに。

とは言いながら、私自身もほんの数年前までは同じ様に思っていました。

『井の中』から外へ出て、改めて自身が身を置いていた『井戸』を外から見つめた時の感情は、
今もはっきり覚えています。
ひとつひとつ具体的な理由は書きませんが、一言でいうと今まで堅牢と思っていたモノが、
絶対的な存在だと思っていたモノが、とても脆く危ういモノに見えてしまったのです。
人間も企業も不老不死などあり得ないのだと。

『私一人くらいがどんな結果・失敗を出そうが私の会社は大丈夫』という感覚の従業員が、
一人でも居る会社は非常に危うい。
『私たちの成果次第で会社は存在が危うくなる』という意識で仕事に取り組む事が
『会社の寿命』を、少しでも長く伸ばす事が出来るのではないだろうか。

『会社の寿命』を少しでも伸ばす事に
私も微力ながら貢献出来る存在でありたいものです。

本記事で本年、令和元年の「設計課長Sのつぶやき」は最後になると思います。
来年最初の投稿は1月6日の予定なので是非訪問してください。
皆様のおかげで自身で勝手に掲げた「毎週更新!!」を全うできました。ありがとうございます。
SNSボタンも追加しましたので、訪問して頂いた際はお手数ですが、是非シェアしていただければ幸いです。
来年も「毎週更新」を継続していくつもりなのでどうぞよろしくお願い致します。

では皆様 本年もあと僅かです。体調など崩されませんようお気を付けて年末をお迎えください。
そして少し早めですが、よいお年を( ゚▽゚)ノツ

ここでつぶやく内容はあくまで“S”本人の主観であり、個人的な想い入れであり、非常に勝手な解釈による「つぶやき」です。
会社の運営や経営方針、経営者の見識などを反映するものではありません(笑)

人物別

ページの先頭へ