設計課長Sのつぶやき

  1. HOME
  2. 設計課長Sのつぶやき
  3. 人物別: デール・カーネギー

楽しそうに振舞っていると・・・

楽しそうに振舞っていると、いつか本当に楽しくなる。物事に熱中するにはこの手に限る。-デール・カーネギー(アメリカの実業家)-

 

新しい事に挑戦すると必ずやって来る『分からない』という壁。

最初から上手に出来る人間などいてるわけがない。

でも、経験値だけ積み重ねれば誰でもいずれ上手になるのかというと、そうでもない。

『好きこそモノの上手なれ』

好きになり、熱中出来るようになれば自然に上手になって来る。

逆に好きにならなければ永久に上手にはなれないのかもしれない。

『仕事が大好きな人』がビジネスパートナー。

こんな心強いことはないですよね。

人間は心を弾ませながら・・・

人間は心を弾ませながら、何か興味深いことをしていると、めったに疲れない。

-デール・カーネギー(アメリカの実業家)-

 

『疲れた、疲れた、』と口ぐせになっちゃっている人…。

 

『何でそんなに疲れちゃったんだろう?』って思ってしまっていたけど…

 

仕事を楽しみながら出来ていない部分が少しあったんでしょうね。

 

私?私は全く『疲れません!』・・・言ってしまった(笑)

人間嫌いを直す簡単な方法は一つしかない。

人間嫌いを直す簡単な方法は一つしかない。相手の長所を見つけることだ。

-デール・カーネギー(アメリカの実業家)-

私は決して『人間嫌い』ではない。どちらかと言えば『人』とは話す事も好きだし観察するのも好きです。

でも私にも『嫌いな人』というのはいます。
しかもそれが期間限定だとしても、ビジネスパートナーであったりした時には非常に厄介です。

自分では気をつけているつもりなのですが、私は嫌いな人を目の前にすると非常に分かりやすく『表情』に出てしまう様です。
もちろんそれでは先方にも伝わってしまいますよね。

これはビジネスシーンにおいて不利益以外の何ものでもありません。

相手の『嫌い』を直す為には相手を『好き』に変えること。それが難しいから困るんです。
相手を『好き』になろうと思ったら相手の『長所』を見つけること。これなら出来そうな気もします。
相手の『長所』を見つけようと思ったら、相手に『関心・興味』を持つこと。これは簡単ですね。
相手を『好き』になることなんて、意外に簡単なのかも知れませんね。

これからも、新たに出会うビジネスパートナーにはガンガン『関心・興味』を向けていきたいですね。

自分のしていることに・・・

自分のしていることに興味を持つのは勿論、そのことに喜びを抱いてこそ、はじめて成功できる。

-デール・カーネギー(アメリカの実業家)-

仕事に興味を持てているか?と聞かれれば、答えは『Yes』である。

今の仕事に従事している事に喜びを感じているか?と聞かれれば、答えは『Yes』である。

仕事が好きか?と聞かれれば・・・もちろん答えは『Yes』である。

好きこそものの上手なれ

私は稀な『幸せ者』なのかも知れませんね(笑)

ここでつぶやく内容はあくまで“S”本人の主観であり、個人的な想い入れであり、非常に勝手な解釈による「つぶやき」です。
会社の運営や経営方針、経営者の見識などを反映するものではありません(笑)

人物別

ページの先頭へ