設計課長Sのつぶやき

  1. HOME
  2. 設計課長Sのつぶやき
  3. 人物別: スペンサー

教育の最大の目標は・・・

教育の最大の目標は知識ではなくて行動である。

-スペンサー(イギリスの哲学者)-

『教育』の最大の目標。

社会的に『教育者』といわれる人たちの中で、このことをしっかりと認識しながら
人(例えば生徒と呼称される人たち)に対して『教育』できている人はどのくらいいてるのでしょう。

小学校の先生に例えて、
子供たちに、率先させて考えさせたり発言させたり行動させたり・・・と
『自己啓発』を主とする授業を行う先生。
とにかく知識や方法を刷り込み『受験対策』を主とする先生。
上下関係をしっかり植え付ける『体育会系』な先生。

目の前の生徒が教育者に期待する『目的』として
どれも正解の様な気もするし、どれも優劣つけれる類のものではないのかも知れません。

私ごときが、どの『教育方法』が一番正しいなどと言える立場ではありませんが、
どんなアプローチの仕方であっても、全ての先生が
『次の世界へ送り出す』という共通した使命を担っていることは間違いないと思います。

小学校の先生は中学校という世界へ。高校や大学の先生は社会人としての世界へ。
そしてそれは何も職業が「先生」にだけ押し付ける類のものではなく、
例えば、新入社員を教える先輩社員も同様に「一人前の世界」へ送り出す使命を担っているのだと思います。

そして親は、我が子に対して一生『次の世界』へ送り続ける使命があります。

我が子たちには
『自分で考え、判断し、行動できる』
そのような人間になってもらいたいものですね。

ここでつぶやく内容はあくまで“S”本人の主観であり、個人的な想い入れであり、非常に勝手な解釈による「つぶやき」です。
会社の運営や経営方針、経営者の見識などを反映するものではありません(笑)

人物別

ページの先頭へ