設計課長Sのつぶやき

  1. HOME
  2. 設計課長Sのつぶやき
  3. 多くの事を為す手っ取り早い方法は・・・

多くの事を為す手っ取り早い方法は・・・

2020年1月6日

多くの事を為す手っ取り早い方法は、一度に一つずつ片付けることだ。

-サミュエル・スマイルズ(イギリスの著述家・医者)-

新年明けましておめでとうございます。

本年も弊社 株式会社マイスターズ・ユニオン をどうぞよろしくお願い致します。
そして、当ブログも頑張って「毎週更新」を継続致しますので今年一年、気楽にお付き合いください。( ̄▽ ̄)ノ

皆様、年末年始はいかがお過ごしでしたでしょうか?
慣れない長期休みが明け、日常のリズムに戻すのも中々大変だとは思いますが
どうぞ体調など崩されませぬ様お気を付け下さい。

正月やGW、盆休みなどの長期休みが明けての出勤で、自席に着くとまず最初に出迎えてくれるのは
モニターやキーボードが埋め尽くされるほどの「ポストイット」
そしてPCの電源を入れれば膨大な数の「受信メール」
そして事務所内のあちこちで鳴り出す「電話の着信音」
そうこうしているうちに数珠つなぎの様な「会議メドレー」が始まり出す…
『あ~日常が始まったんだな~」と否が応でも実感させられます(笑)

そう、日本の企業では殆どの方たちが日々、膨大な量の「仕事」に追われています。
新年早々、人をゲンナリさせるような冒頭ですが、決してネガティブな記事ではございませんので(笑)

社会人はもちろん、主婦であっても家事や育児、介護などに追われ、
学生は学業や部活動などに追われている。
私ももちろん、類に違わず…です。(笑)

軽いパニックに陥る程忙しい時は『余裕がある様に見える人』が、
「羨む」を通り越して「恨めしい」とさえ思ってしまう時があります。
私の周りにも、私と同じ様に日々仕事に追われている身であるはず
なのにも関わらず、妙に余裕を持っている人が幾人かいます。

彼らと私の違いはどこなのか?
それは一つ一つの『仕事』を丁寧に、かつ確実に消化していく事で、
その今終えた作業と次の作業との合間に見せる僅かな余裕が
私の様に一つずつ片付ける事が出来ない者から見た時に
『余裕のある人』に見えているのだと思います。

『余裕のある人』を、羨んだり恨めしく思ったり、自身の境遇を愚痴ったりせずに、
あの人たちは『仕事を消化する事に長けている有能な人』と認識し、尊敬し、リスペクトし、
ただ漠然と憧れるのではなく、目の前にある『仕事』を一つ一つ丁寧に、かつ確実に片付けて、
是非ともあの人たちの様な『余裕』を持てる(余裕を持っていると周りには見える)
人になりたいものですね。

訪問して頂いた際は、お手数ですが是非シェアして頂けると幸いです。

今年も一年、どうぞよろしくお願い致します。

ここでつぶやく内容はあくまで“S”本人の主観であり、個人的な想い入れであり、非常に勝手な解釈による「つぶやき」です。
会社の運営や経営方針、経営者の見識などを反映するものではありません(笑)

人物別

ページの先頭へ