設計課長Sのつぶやき

  1. HOME
  2. 設計課長Sのつぶやき

行動するキッカケを逃すな

行動するキッカケを逃すな。

-ウィリアム・ジェームズ(アメリカの哲学者)-

“行動”に移す事で

“キッカケ”は初めて存在意義を示す。

“行動”できなければ、世間にダラダラと流れ続ける

数多の“不要な情報のひとつ”として埋れていくだけ。

“活きた知識”として“キッカケ”にできるかどうかは

自分次第なんですよね。

もう私には遅すぎるとか・・・

もう私には遅すぎるとか、もう私は歳だからと言う必要はありません。今気づいた時が始まりなのです。

 -多湖 輝(心理学者)-

今も昔も未来においても…

偉人たちが揃って口にし続ける、夢を実現する為の魔法の言葉…

『いつやるの?今でしょ!?』

世間的には只のブームで終わっても、私には『永遠の流行語大賞』であります。

チャンスは逃がしたら・・・

チャンスは逃がしたら二度と来ない気で貪欲になる。

-森下洋子(バレリーナ)-

人生で与えられるチャンスの数は実はみんな平等だという。

そしてそのチャンスの大きさはその人のそれまでの努力の大きさに比例するという。

これが『運も実力のうち』の根拠。

チャンス・・・活かすも殺すも結局は自分次第ってことですね。

ネガティブなことにフォーカスすると・・・

ネガティブなことにフォーカスすると、そちらの方に吸い寄せられるように行ってしまう。

-本田健(作家)-

“想像する”というせっかく惜しみなく個性を出していい時間。

出来なかった時のことを想像して怯えるより、

出来た時のことを想像して愉しみましょうよ。

ここでつぶやく内容はあくまで“S”本人の主観であり、個人的な想い入れであり、非常に勝手な解釈による「つぶやき」です。
会社の運営や経営方針、経営者の見識などを反映するものではありません(笑)
ページの先頭へ