設計課長Sのつぶやき

  1. HOME
  2. 設計課長Sのつぶやき
  3. 物知りの馬鹿は・・・

物知りの馬鹿は・・・

2019年9月24日

物知りの馬鹿は、無学の馬鹿よりもお馬鹿さんですよ。

-モリエール(フランスの劇作家)-

知識と知恵の違い。

一般的に学校の授業などで、教科書より教わるモノは知識。
日常生活などで、経験などにより閃くモノが知恵。

ふたつは似て非なるもの。
でも、どちらも人生において、自身を
大いに手助けをしてくれる武器(ツール)となる。

すなわち知恵のある知識人は最強かもしれませんね。

ではどちらがより重要?

知識が無くても知恵があれば、誰にも思いつかない様な発想で
経営者にだってなれるかもしれない。

知恵も知識も無い人は、何事にも純粋で素直な分、
人からはとても好かれるかもしれない。

一番厄介なのは・・・知恵の無い知識人。
自分の発想が乏しいと、知識の中での誰かと同じ事、
同じ判断しか出来なくなる。
また知識が多く、自分の知識量に自信があればあるほど
自分の知識の中に無い事を受け入れる、純粋さや素直さが
薄くなりがちで人からは好かれにくい。
だからといって一人で何か出来るわけでもない。

そんな人になってしまうかもしれない。

せっかく苦労して手に入れた知識。
そのままの形で出力するのではなく、
色々な知識に自分の思考を融合させ、
知恵という形に変換して出力させることが
本来の『知識の使い方』の様な気がします。

誰も思い付かないような斬新な発想。
残念ながら私の脳からは出てきそうもありません・・・
ならば『素直なバカ』でいたいものです(笑)

ここでつぶやく内容はあくまで“S”本人の主観であり、個人的な想い入れであり、非常に勝手な解釈による「つぶやき」です。
会社の運営や経営方針、経営者の見識などを反映するものではありません(笑)

人物別

ページの先頭へ